2022年6月30日

トラックドライバーの求人選びに抑えておくべきポイント


仕事内容をしっかり把握しよう!

「給料が高いから」「知名度のある運送会社だから」など。イメージだけでトラックドライバーの求人を選んでしまうと、いざ勤務を開始したあとに、仕事内容について思った以上に悩むことが出てくることもあるため、注意が必要です。仕事内容をよく確認せずに求人に応募して採用されてしまうと、運転以外の自分に向いていない業務があったことを知らなかったために、長期的に仕事が続かなくなることもかも知れません。求人探しから面接、採用にいたるまでは、それなりに期間がかかるものです。せっかく採用されたのに仕事を辞めてしまうことになれば、また仕事探しからスタートしなければいけません。そんな失敗をしないためにも、トラックドライバーの求人を選ぶうえで仕事内容のチェックは欠かせないポイントです。

とことんリサーチ!企業の情報を得よう

トラックドライバーの求人の中で応募したい企業が見つかったら、会社の徹底調査を実施しましょう。収入やボーナス、福利厚生や社風、会社の理念など、しっかりと会社の情報を調べます。リサーチしているうちに、求人の内容は気に入ったけれど、会社の雰囲気が自分に合わないかも知れない、会社の方針と自分の考え方が不一致だと感じることもあります。運送会社に入社してからそういった価値観の違いや不満が出てくることがないように、あらかじめ調査しておくと失敗を防げます。また、企業の資料やホームページなどをチェックしたうえで応募先が決まったら、面接の時にも会社の調査は忘れずにしておきます。実際の職場の雰囲気や年齢層を確認したり、直接対話をする面接担当者の対応など、色んな側面をチェックして良い運送会社かどうかを確かめましょう。

トラックドライバーの求人を選ぶ際は、残業及び休日出勤の有無や待遇についても確認しておく必要があります。